オフショア☆~風を感じて駈けだしたことありませんか?~

いろんなことに挑戦だっ(。`・∀・)キリッ!




スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ



『燐火』 .。.:*連載 ブログ小説・゚☆.。.:*・ 第三部「凛華」--第四話




.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*

ブログ小説
 
『燐火』

これまでの話し⇒第一話第二話第三話第四話 第五話第六話第七話第八話第九話第十話第十一話第十二話第十三話

.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*


お知らせ
「燐火」の主題歌ができました
ラストのコーナーにリンクを設置中


第三部「凛華」--第四話


野々村新之助:さぁ来い!

石田光長:おまえとこうして手合せするのも久しぶりだな。
しかし手加減はせんぞ!おまえがどんだけ剣術を稽古したか、見極めてやるわい!


望むところ。おまえこそ、泣きっ面見せんな!昔みたいに!ハハハハハ

よし!いざ!


えい!

F1005369.jpg



やあ!はぁ!


威勢の良い気合いが道場に鳴り響く。しかし

すー・・・

石田は剣を下ろした。

どうした光長。まだ始めたばかりではないか!?


石田首を横に振った。

新之助、もはや勝負はついている。おまえにはスキがある。
心に迷いがあるとその迷いは剣に現れる。今のおまえではとうてい俺には勝てぬ。

昔のおまえならば、剣の腕とそして、気持ちで俺を圧倒していた。しかし…


何を言っておる。やる前から・・・わからぬではないか!

おまえ、俺に負けるのが悔しいからそんなことを!


石田は何も言わず、縁側に腰かけた。そして、背中越しに…

なぁ新之助。久しぶりとはいえ俺とおまえの仲だ。何かあるなら言ってみろ。

仕事か?勘太郎様となにかあったか?金か?それとも…女か?


う‥うむ…

仕事はまあまあそこそこ…  父上には最近あることで咎(とが)められたが。


ではそのあることとはなんだ? 女か?


・・・・・・


互いにそんな年頃だ。勘太郎様も家を継ぐお前のことが心配なのだろう。

いい女か?


ああ!


新之助は、一瞬声を高揚させた。が、顔つきが暗くなった。
絵恋と幼なじみのおりんのことを思い出したのだ。

ふーんそうか。

いい女ならば、おまえが惚れる女ならば間違いないのだろう。

だが、勘太郎様がそのことを咎めるとは、何か難があるのか?


太夫なんだ。
 ポツリ。

なに!


石田は、ギクっと目を大きくして驚いた。

太夫とは… 花魁か!? それはよい女だ。


おまえ… 俺をさげすまないのか?女郎と言って俺を責めないのか?


おお!女郎でもいろんな女がいる。よい女はおるものだ。

中でも太夫ともなれば、相当な女(おなご)だ。おまえでなくとも、男なら一度は抱きたいよのぉ ハハハ


石田は微笑んだ。

よかった。おまえに話して。


俺もその辺は理解ある。して、名はなんという?


絵恋だ!


なに!


石田は再び、飛び上がるほど驚いた。目はより大きく見開いている。

なんだおまえ知っているのか?


いや…俺も同じ名の女を知っている。どんな、どんな女だ!?


いつも優しく微笑む、しおらしい女だ。俺のことを一番に思っていてくれて、控え目な女。
絵恋といると心が和む。


そうか・・・


石田はホッとしたおもむきで。

俺の知っている絵恋とは違うようだ。

絵恋は活発で、元気なおなごだ。おまえのおんなとは別人のようだ。

でも、ひとつだけ同じところがある。それは…俺も絵恋といると心が和む!


石田は、絵恋が結んだ小指の赤い紐をみて優しく微笑んだ。

そうか!ハッハッハッハ!!しかし、偶然だなぁいやなんだか楽しくなってきた。

どうだ光長!一杯行くか!!


おお!


+。゚○・。.*゚・。.:.+゚・:..・。*・゚:.・○。.゚+。゚○・。.*゚・。.:.+゚・:..・。*・゚:.・
緋衣:ねぇ、ひばりちゃん!世間ほななんが流行ってるか知ってまっしゃろか?

雲雀:(あら今日は京都弁だわ。さては…直さんがいらしたのね☆)
え?なになに?緋衣ちゃん直さんにいいこと教わったの?


あれ?何でじゃ直はんってわかったんどすか?ウチ話したんやか?


ううん。勘よ勘!アハハハハハ!


ええ!あたりどす。直はんがおせてくれたんどす。

今、楽しくなるお薬が流行ってるどすえ。そのお薬の煙を吸うと落ち込んでても陽気になるってさ!
緋衣も欲しいな。気持ちよおなってたい!アハハハハ


緋衣ちゃんその薬って?


なんやっけ?たしか、あへ!あへや!


それってアヘンね。麻薬だよ。


ま・や・く?(・・?


緋衣ちゃん直さんが来ると気持ちよくなるでしょ!?


おんおん。緋衣が直はんのアレ吸うと直はん気持ちええって!

緋衣も直はんもどっちゃも、どっちゃも気持ちええ!


だから、緋衣ちゃんには、直さんが麻薬なのよ!


あ、そないなんや。よおわかった!

やて直はんきょうびお疲れなんやよなぁ・・・


また緋衣ちゃんが、膝枕でねんねさせてあげれば!?


そないどすやろ。アハハハハ


雲雀は…雲雀だけは知っている。

緋衣が抱かれる男によって、“人”が変わることを。

そう。緋衣は、その男が好む女に成り切ることができるのだ。

そして、この女郎屋に住まう女郎達は…

F1005330.jpg


+。゚○・。.*゚・。.:.+゚・:..・。*・゚:.・○。.゚+。゚○・。.*゚・。.:.+゚・:..・。*・゚:.・

野々村新之助:おおっ!ここだここ!

光長!この店がよいぞ!ごめんよ!


ああっ!しんちゃーん!!キャー久しぶりぃ 美梅寂しかったよ。どこ行ってたのぉ

とーちゃーん しんちゃんだよ!


美梅が大喜びで迎えてくれた。

しんちゃん最近は、てっちゃんも来てくれなくて。。。美梅ほったらけで、つまんなかったよ。


美梅は一転、泣きそうになった。でも…

あ、お友達ね☆


おお!幼少の頃からの付き合いのいし‥


石田光長だ!美梅ちゃん?よろしくな!


あい!(^^ゞ


てっちゃんのお友達のしんちゃんのお友達なら大歓迎よ!こっちこっち!


美梅は、石田の腕をつかみ、奥の席に。

おーい美梅ちゃーん ほったらけだよ。俺!
(新之助。ポツーン)

しんちゃんは、自分で来てぇ


梅吉:お、野々村さんお久しぶりです。

最近みえないから、お仕事が忙しいのかと心配しておりました。

やっぱり山手さんもお忙しいのですか?


ああ、山手殿はよくわからんが、「金がない」と言っておった。ハハハハハ

あと、横須賀や横浜、上野にも出張されてましたな。


ふーんそーなんだぁ


近くで美梅が身を乗り出して聞いていた。

なんだぁてっちゃんお仕事で忙しかったンだぁ。みうめ他にも好きな女ができたかもって、心配しっちゃった。


いやもしかしたら、横須賀、横浜、上野にそれぞれおんなが…


いやー聞きたくなーい。


美梅は耳を塞いで壁際に走っていった。そして振り返ると…

しんちゃんの意地悪。大っ嫌い。べーだ!


ハハハハ ばっかだなぁー 本気にすんなよ。


ばかじゃないもん。

美梅ほっぺたを膨らませて、台所に行ってしまった。

+。゚○・。.*゚・。.:.+゚・:..・。*・゚:.・○。.゚+。゚○・。.*゚・。.:.+゚・:..・。*・゚:.・

遊女の寧々は、母も遊女であった。

寧々は、花街しか知らない。花街で生まれ、花街で育った。

母は、病に侵され既にこの世を去った。父親の顔も知らない。

寧々は年頃になった頃から、日々違う男に抱かれていた。

そして、それが寧々にとっては、あたり前の生活。

寧々は、白粉(おしろい)の匂いに母を感じ。男に抱かれるときにつける白粉が、大好きだった。

番頭:寧々!おまえさん、どこに行ってたんだい?着物がびしょびしょじゃないか。

こんな雨の中を出掛けるもんじゃないよ!


どうやら、花街を抜け出したことは、バレなかったようで、そそくさと奥へ下がった。

あーなにがなんだかわかんないなぁ。塀の外って。でも祭りって、おもしろそぉ。


寧々は、客から聞いた“祭り”に行きたくって、花街を抜け出したのだった。

ひょっとこのお面。猿回し。お神輿。見たこともない食べ物。

どれをとっても珍しく、時間が経つのを忘れ見いってしまった。

夕立ちにあったのも初めての体験だった。

すごい雨だったなぁ・・・

傘貸してくれた人。名前聞かなかった。また会えるかなぁ。。。

そーだ。草履乾かさなくっちゃ!


寧々は、片っぽの鼻緒が、手ぬぐいの切れはしで結ばれた草履を抱え、支度部屋に入った

しばらくすると、いつもように男に抱かれる寧々がいた。

F1005366.jpg


.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*
『燐火』 第三部 「凛華」 第四話終わり。

お知らせ
ブログ小説「燐火」の主題歌ができました(*⌒▽⌒*)

じか撮りだから音はちょー悪いですけど…(^^ゞ

パソコンから→燐火主題歌_1
燐火主題歌_1

携帯から→燐火主題歌1
燐火主題歌2
  1. 2009/09/02(水) 00:15:54 -
  2. 燐火 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<FOG BAR | ホーム | ポニョだよ(^◇^)ノ>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://captain24.blog75.fc2.com/tb.php/827-38b8fde3

”のの”だよ!通称”captain”

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。