FC2ブログ


オフショア☆~風を感じて駈けだしたことありませんか?~

いろんなことに挑戦だっ(。`・∀・)キリッ!




『燐火』 .。.:*連載 ブログ小説・゚☆.。.:*・ 第三部「凛華」--第三話




.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*

ブログ小説
 
『燐火』

これまでの話し⇒第一話第二話第三話第四話 第五話第六話第七話第八話第九話第十話第十一話第十二話

.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*


第三部「凛華」--第三話

新之助は、居ても立っても居られない。花街へ向った。

しかし、まだ開門されておらず…外から様子を伺うが、静かで何もわからない。

野々村新之助:仕方ない。

ため息まじりにそうつぶやいて、足のおもむくまま歩いていく。

F1005369.jpg


威勢のよい声が聞こえた。不知火流剣道場であった。
垣根から覗いてみると見覚えのある剣士。

おぉ!光長ではないか!しばらく見ぬうちに、一段と腕をあげおったな。


すると、石田は気がつき…

誰だ!覗き見するとは、失礼な奴!


険しい顔つきで垣根に歩みより…

あ!新之助ではないか!


とたんに顔が柔らかくなった。

久しぶりだなぁ そんなとこにいないで、こっち入ってこんか!


おぉそうするか。光長、お前ずいぶん腕をあげたな!


いやぁ新之助のお父上の野々村様には、まだまだ及ばないよ。お前には勝てるがな!ハハハハ


言ったなぁ!後で手合わせ願おうかっ!ハハハハハハ


石田光長。石田は、不知火流剣士の父が、新之助の父勘太郎と友人であったため、幼い頃から、よく遊び、そして剣術も競い。互いを良き好敵手と認めていた仲である。
F1005370.jpg


+。゚○・。.*゚・。.:.+゚・:..・。*・゚:.・○。.゚+。゚○・。.*゚・。.:.+゚・:..・。*・゚:.・


山手鉄蔵:姫衣!

緋衣:あ!てっちゃん今姫衣って言ったでしょ!

あ、わかっちゃたぁ ハハハハ…


ハハハハぢゃないよぉー ふたりの時だけって言ったじゃん!


あ、ごめんごめん。じゃ‥緋衣!


そ!それそれ!!


女郎屋番頭与平:これこれ。何を言ってんの?店先で!

しかし、わけのわからん会話だ。“ひいひい”って?なーにがひいひいだい!?


てっちゃーん!これから緋衣を「ひいひい」言わせてん♪アハハハハ!


山手、緋衣に手を引っ張られてはなれに向った。

ねぇてっちゃん!緋衣ね。おもしろいお遊びを教えてもらったんだぁ。だから一緒にやろう!


なになに!?


まずわぁ サイコロをころがしてぇ‥‥キャッキャ♪




+。゚○・。.*゚・。.:.+゚・:..・。*・゚:.・○。.゚+。゚○・。.*゚・。.:.+゚・:..・。*・゚:.・


勘太郎は、小高い丘で腕を組み立っている。

遠く山あいは、雲が低く、どこまでが空か、どこまでが地上なのか。

その境がわからない。

桜の木の下。

山桜。

ポツリとつぶやいた。

寧々…


+。゚○・。.*゚・。.:.+゚・:..・。*・゚:.・○。.゚+。゚○・。.*゚・。.:.+゚・:..・。*・゚:.・


ザァーーーーーーーー


突然の夕立。寧々は橋のたもとで雨空を恨めしく見ている。


あーあ、早くやまないかなー


ザァーーーーーーーー


せっかく抜け出してきたのに…


ザァーーーーーーーー



早くしないと見つかっちゃうよぉ もぉ・・・


何度か。雨の中を走って帰ろうと試みたが、激しく降る雨で躊躇した。

ピカッ!
ゴロゴロゴロ!!

キャッ!


耳をふさいでしゃがみこんだ。

寧々にとっては、初めての経験。心細くなって、泣きべそをかいた。

足元は、水かさが増し。仕方なく雨の中をとぼとぼと。

泣きながら歩き始めた。

すぐにずぶ濡れになった。
さすがにこの雨の中では、歩く人などいない。
寧々、水たまりに足をとられ!

気がつくと前のめりに転んでいた。雨は容赦なく降りつづく。

起き上がったがわらじの鼻緒が外れてしまっていた。
わらじを手で持ち裸足で歩く。雨が滲みた着物は重く。また泥にくすんでいた。

そして冷たくなっていた。

泣きながら歩く寧々。。。

ひどい雨だなぁ


F1005472.jpg


見上げると、包みを抱えた若者が、傘を差し出してくれていた。

わらじか…

どれ、貸してごらん。


若者は、傘と包みを寧々に預け、懐から手ぬぐいを出すと、端を口にくわえ切り裂いた。


これでいい。


鼻緒をつけたわらじを寧々に渡し、包みだけを受け取ると走って行ってしまった。

寧々我に返り。

あの‥もし…



行ってしまわれた。お名前も聞かなんだ。


傘をさし、歩き始めた。

激しい雨は、着物のすそに至り、泥が洗い流され…

朱色の肌じゅばんが見え隠れしている。

.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*
『燐火』 第三部 「凛華」 第三話終わり。


(゜▽゜)!このエピソードが、この物語「燐火」の始まりとなるんだ!
実は、この寧々は!

おっとぉ これからの…

ぉ楽しみんに(o・v・o)
  1. 2009/08/08(土) 00:15:25 -
  2. 燐火 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<留守ですか(・・? | ホーム | ハンナの日☆(^▽^)♪ >>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://captain24.blog75.fc2.com/tb.php/800-35cbce36

”のの”だよ!通称”captain”

11 | 2018/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search