オフショア☆~風を感じて駈けだしたことありませんか?~

いろんなことに挑戦だっ(。`・∀・)キリッ!




スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ



初めてのメイドカフェ「ご帰宅編2/2の上」 ~るるルン秋葉原のの版♪~




今回ご帰宅するのは、メイドカフェ業界No.1の”@ほぉ~むafe(アットホームカフェ)”です。

メイドカフェ初心者にとって、そこは未知の空間。
いろいろわからないこともあって、不安だと思います。

でもそんなに心配しなくても大丈夫p(^-^)q
これから、ご帰宅(メイドカフェに入店すること)からの一連の流れを書いておきますね☆

DCF00951_20120922175017.jpg

あと、メイドカフェやメイドリフレ、膝枕耳掻き・地下アイドル系喫茶などたくさんのアミューズメントカフェがありますが、だいたい共通の決まり事があります。こちらも合わせてご覧くださーいo(^o^)o

☆ご帰宅~お出掛けまで。
①カフェのドアを開ける。
②メイドに笑顔で迎えられる。
③案内にしたがって、席につく。メイドの説明を聞く。
④メニューを見ながら、オーダーを考える。
⇒ドリンクやフード、アミューズメントメニュー(記念写真(チェキ)・ゲーム・歌など)
⑤何を頼むか決まったら、メイドを呼んでオーダーする。
⑥選らんだものがくるまで、メイドの動きを観察したり、カフェの内装を見たり、メイドカフェの雰囲気を楽しむ。
⑦オーダーしたものをメイドが持ってきたら、メイドとおしゃべりするもよし!
⑧お出かけ(店を出る)の時間まで、メイドカフェを満喫する。
⑨お出かけの時間になるとメイドが来るので、会計をして店を後にする。
⑩メイドに見送りされる。

以上がメイドカフェご帰宅の一連の流れです。
ふつうの喫茶店(カフェ)なのですが、メイドカフェにはコンセプトがあって、カフェは自分の家。ウェイトレスは屋敷にお給仕するメイド。自分は屋敷の主です。

少々難しく感じるかもしれませんので、これから①~⑩まで1つずつご説明しましょう!(^^)/

あ、そうそう@ほぉ~むcafe(アットホームカフェ)は、5店舗あります。
老舗のドン・キホーテ店(ドン・キホーテ5階)とミツワビルの4店舗です。
ドン・キホーテ店は、メイドの中でもテキパキと仕事ができるメイドが多く、一見さん(いちげん=初めてメイドカフェにご帰宅するお客さん)にも優しい店舗です。入店待ちにも唯一椅子が設置されている店舗です。
メイドや常連の中では、”ドンキ”店と呼んばれています。

メイドカフェの多くは、店舗内は禁煙となっていますが、アットフォームカフェのドン・キホーテ店のソファー席はタバコを吸えます。メイドカフェ店内でタバコを吸いたい人は、アットホームカフェのドン・キホーテ店にご帰宅しましょう!

DCF00943_20120922174353.jpg

ミツワビルには4店舗が入っています。
よく「何が違うんですか?」って、聞かれますので、少し説明しますね☆
7階、6階、4階は、普通のいわゆるメイドカフェです。新人のメイドは、研修期間のあいだ、各店舗を経験します。そしていずれかの店舗(5階の”華(はな)”除く)に配属となります。

簡単に各店舗の違いを説明すると、内装と所属メイド、そしてメニューが若干異なります。
7階と6階は全く同じ内装。4階はメルヘンチックな内装になっています。
5階の”華(はな)”は、和風のコスチュームで、内装も他店舗とは異なっています。アットホームカフェで唯一ステージが真ん中にあります。
中央のステージは、畳敷きで、メイドは正座。ご主人様はメイドがお給仕する姿をよく観察できます。
チェキ撮影は通常1人のメイドとのみ一緒に写ることができるのですが、華はいつも複数メイドと一緒に撮ることができます。メニューも”和”を意識したものを用意しており、みつ豆や鳥重など工夫されています。
華は他の店舗に所属のメイドが日替わりでお給仕します。
他店と異なる仕様のため、新人メイドは配属にはならず、3ヶ月の研修期間が終了しないとお給仕することができません。

古い順にいうと、ドンキ、7階、5階、6階、4階です。
※より詳細な情報は、ページ最下部「★秋葉原豆知識」をご覧ください!

DCF00958.jpg


だいぶ。だ~いぶ話しが横道にそれてしまいましたね。
それでは、ご帰宅しましょう(^.^)ノ

①カフェのドアを開ける。
まずは、ご帰宅です。思いきってドアを開けます!
「お帰りなさいませご主人様!」
とメイドがお迎えにきます。そして、店長(男性社員が多い)かメイドが、
「カードをお願いします。」または、「@ほぉ~むcafeへのご帰宅は初めてでいらっしゃいますか!?」と聞いてきますので、
「初めてです」
と答えます。ここで見栄を張っては台無しですから、自分が初心者であることをアピールします。メイドは初めてご帰宅するご主人様は大歓迎で詳しく説明してくれます。

”カード”というのは、”ご主人様認定証”のことです。
”ご主人様認定証”とは、いわゆるポイントカードで、1回ご帰宅するごとに1ポイント貯まります。つまりご帰宅するごとにご主人様レベルがアップしていくわけです。
貯まったポイントは支払いの時に割引になるということはありませんが、ポイントによってカードのランクが変わり、ランクによって”ご帰宅料”が異なります。現在では以下となります。
1~4ポイント=BRONZE CARD、ご帰宅料500円
5~49ポイント=SILVER CARD、ご帰宅料400円
50~199ポイント=GOLD CARD、ご帰宅料300円
200~499ポイント=CRYSTAL CARD、ご帰宅料200円
500~1999ポイント=PLATINUM CARD、ご帰宅料100円
2000~4999ポイント=BLACK CARD、ご帰宅料0円
5000~ポイント=SUPER BLACK CARD、ご帰宅料0円

そしてカードのランクアップ時には、その日お給仕しているメイド全員とのチェキやチェキブック、手書きメッセージ色紙などの特典や季節ごとのグリーティングカード、メイドカフェ貸切りなどお楽しみがたくさんあります!

2000ポイント!って思うかもしれませんが、いますよ~(^〇^)ノ
captainが知ってる常連さんもBLACKカード保持者が結構います。
吉本の漫才コンビ”トレンディエンジェル”のたかし君もついこのあいだBLACKになりました!
ポイントはWEBからも照会できますよ(^o^)v
ご主人様認定カードの詳細については、メイドに聞いてね!

なお、土曜日や日曜祝日、夏休みや冬休み、またイベントがある日は混雑している場合があります。その時は、ご帰宅するご主人様たちが店舗の外に並んでいますので、自分も並びましょう。ちなみに、イベントdayは、そのイベントによって「いつものメイドカフェ」が堪能できない可能性がありますので、どのようなイベントかを店のスタッフ(メイドや店長)に確認してからご帰宅しましょう。
@ほぉ~むcafeの場合、主に以下のイベントがあります。
・メイドの誕生日、○周年記念、卒業式
・コスプレday(学生服・私服・パジャマ・フリーコスプレetc)
・フリーメイド誕生(フリーメイド:@ほぉ~むcafeは5店舗あり、メイドは所属店舗が決まっているが、フリーメイドはどの店舗でもお給仕できる。人気メイド)
・新曲お披露目ライブ:歌を歌うメイドがステージでライブを行う。

DCF00941_20120922175020.jpg


②メイドに笑顔で迎えられる。
「お帰りなさいませ、ご主人様!」
と、メイドに迎えられます。
ここで戸惑ってはいけません!あなたはこのお屋敷のご主人様なのです。
堂々と、「ただいま!」と返しましょう!
メイドもご主人様のお帰りを心から喜び、メイド一同からも声をかけられるでしょう。
もうおわかりかもしれませんが、メイドカフェを楽しむコツは、”なりきる”ことです。二次元の世界を三次元で実現したこの空間、2.5次元の世界に
いるのですから、普段の自分を忘れとにかくなりきりましょう!

ちなみに、男性は「ご主人様」、女性は「お嬢様」、お子さんは「お坊っちゃま」となります。
メイド自身がご帰宅した場合は、「お嬢様」です。メイドでもお嬢様の時はカードのランクに応じて、一般と同じようにご帰宅料を支払います。
なお、1年間お給仕したメイドが卒業した場合、申請によって専用のカードが発行されます。ご帰宅料は”100円”です。認定証の1番は、現在メイドに復帰している”まりあ”ちゃんです。

DCF00963_20120922175421.jpg


③案内にしたがって、席につく。メイドの説明を聞く。
席についたら、メイドの説明を聞きます。
ここでのだいたいの流れは以下のとおりです。

「あらためまして、お帰りなさいませご主人様!アットホームカフェへようこそ!!今日のメルヘンティは○○○でございます!」

メルヘンティとは、日替わりで異なる紅茶が楽しめるメニューです。
ホットティがポットで出てきます。2杯は飲めますのでケーキなどと一緒にオーダーするといいと思います。
そしてここが楽しみなのですが、1杯目はメイドが注ぎます!
なに?どこが楽しみかって?
メイドがご主人様の”ために”だけにお給仕するのだから、嬉しいことではあいませんか!注いでくれるときのメイドとの会話を楽しみましょう♪(^.^)

メイドには、「初めて来ました!」と必ず言いましょう。
@ほぉ~むcafeは常連客が多いメイドカフェですので、細かい説明が聞けなくなってしまうからです。
メニューには、フード・ドリンク・アミューズメントがあります。
わからないことは、遠慮なくメイドに聞きましょう!!!
メイドは初めてご主人様になる人にとても優しく、また興味も津々です。

続いてメイドが「お名前は?」と聞いてきます。
※場合によっては、会計時に聞かれます。

ここポイント!(^^)/
”アットネーム”です!

”アットネーム”は、@ホームカフェでのあなたの名前です!
前述したように、あなたは”ご主人様”です。
2.5次元の世界に来ているのです。妄想の世界です。
メイドが呼んでくれる名前ですから、何でもありです!!
また、”アットネーム”は、”ご主人様認定カード”にも記載されます。
メイドがご主人様の名前を書きますので、ご帰宅前に考えておきましょう(^〇^)
もしもまだ決めかねているのでしたら、「今考え中!」と会計までに決めることにします。
また名前を変えたいときは、ご主人様認定カードをごしごしやれば簡単に消えます。いつでも名前の変更はできるので、メイドに書いてもらいましょう♪

DCF00962.jpg


④メニューを見ながら、オーダーを考える。
ドリンクやフード、アミューズメントメニューの説明をしますね☆

メイドカフェはたいていが、1ドリンクオーダー制になっています。
価格はだいたい500円~。ビールだってあります。
そして、アットホームカフェのよいところは、ドリンクのオカワリは割引があります!またフードと一緒にオーダーするとセット割引になります。
メイドカフェって、”ご帰宅料”があって、なんだか高いイメージがあるけど、こういった割引も考えると町中にあるカフェと同じくらいの料金で楽しめます。

・ホットコーヒーやティは、砂糖とミルクがついてきます。
メイドが入れるパフォーマンスを楽しめます♪
・オムレツは、メイドがケチャップをかけるパフォーマンスがあります。
・スパゲティは、メイドが混ぜるパフォーマンスを一緒に楽しめます♪
・華のみつ豆は、メイドが黒蜜を掛け、一緒に楽しむパフォーマンスがあります。
などなど。詳しくは⑦で説明しますね☆

アミューズメントメニューは、@ほぉ~むカフェでは、チェキ(記念写真)・ゲームなどです。

・チェキ:
基本的にメイドとのツーショット、あるいはメイドのソロチェキです。イベント時や華ではメイドを追加して3人や4人、メイド全員と撮ることもでます!チェキのサイズは、写真のL版の半分程度です。
チェキは、だいたいどこのメイドカフェでも1枚500円です。
もしメイド1人追加の場合、メイド追加人数ごとに500円加算されます。
また、@ホームカフェでは、”デカチェキ”があります。700円です。
メイドカフェの楽しい思いでとして、ぜひ!メイドとのツーショットをお勧めします(^-^)v

・ゲーム:
黒ひげ危機一髪やピコピコハンマー、華では四目並べや豆つかみがあります。
メイドに勝つと…勝利賞として”萌えコイン”がプレゼントされます!
萌えコインは、ガチャポンが1回できて、景品は”@オリジナルメイドシール”、”メイドのソロチェキ権”、”メイドとのツーショット権”、そしてそして”お給仕ラスト組メイド全員チェキ”などお楽しみ♪
メイドカフェの楽しい思いでやメイドと仲良くなりたいご主人様はぜひアミューズメントメニューをオーダーしましょう!
※店内が混雑しているときは、アミューズメントメニューをオーダーしないとメイドとお話しできないこともあります。

(。。。あまり大きな声では言えませんが、アミューズメントメニューはメイドの給料に加算されます。@の場合、チェキが500円。ゲームは30円です。常連ご主人様は推しメイドのために必ずアミューズメントメニューをオーダーします。メイドが喜んでくれるから!!
なお、mai:dreaminの場合、歩合は一切なく、その日の店舗の売り上げがメイドに還元されるぐらいのため、あまり喜ばれないかもしれません)

あ、少し長くなってしまったので、この続きはまた(*^_^*)ノ




★秋葉原豆知識(⌒0⌒)/

@ほぉ~むcafeは、ドンキ店が最初の店舗です。当初のメイドカフェブームの際には、入店に3~4時間待ちという日もありました。
captainが初めてご帰宅したときも3時間半くらい待ったと思います。
次にできたのは7階。”本店”として華々しく開店しました!

ドンキ店からは、完全メイド宣言のセンターだった”えみ”(現、熊川カンナ)や”かりん”(現在ディアステージに在籍)がお給仕しました。

6階は元々”ロビー(待ち合い室)”でした。@ホームロビーは、今のように階段に並びきれないほどお客さんが押し寄せていた際に、入店の受け付けと待ちのお客さん

華は、以前”@home茶房(さぼう)”として営業していた経緯があり、@ホームカフェで出てくるウェットティッシュが入った袋にはいまだに”茶房”が印刷されていますね☆
なお、イベントでメイドが茶房服を着てお給仕する”茶房day”は人気です。
ちなみに現在”茶房”からお給仕しているメイドはおりませんが、”team純情”の”みうめ”や、他店で働く”ちはる”が元茶房女中です。
茶房では、メイドではなく”女中”。ご主人様ではなく”旦那様”。アイコメではなく”真心込め”でした。店内に流れる音楽は”琴”。
captainは、メイドカフェは好んで行くほうではありませんが、茶房は居心地がよく、女中も気持ちの良いこが多くお給仕しており好きでした。なにしろ…女中の募集要件のひとつに「ストレートの黒い長髪」、「清楚」という項目がありましたし(⌒‐⌒)!
  1. 2012/04/02(月) 00:15:14 -
  2. 秋葉原 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<初めてのメイドカフェ「ご帰宅編2/2の下」 ~るるルン秋葉原のの版♪~ | ホーム | ありがとう!&来てね!!>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://captain24.blog75.fc2.com/tb.php/1716-3334b576

”のの”だよ!通称”captain”

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。