オフショア☆~風を感じて駈けだしたことありませんか?~

いろんなことに挑戦だっ(。`・∀・)キリッ!




スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ



アスペルガー症候群 ☆Part2




☆アスペルガー症候群のこと Part2☆

もっとアスペルガー症候群が、世界に認知されるといいなーって心から思います。

もしかしたら、周りの人、または自分がアスペルガー症候群だって気がついてないだけで、本当はもっとたくさんの人がそうなのかもしれない!
周りと合わせることが苦手だったり、いつも失敗してしまうことの原因が、実は「障害のせい」なら、気持ちも楽になります。専門の病院もあるから、早く診てもらってアドバイスを受けるといいと思います。たとえアスペルガーでなくても、適切なアドバイスをしてもらえるから、どっちにしろ安心します!
小さいときは、わがままな特殊な子どもと言われ、高校、大学でも同じような場合に、専門医に診てもらい初めてアスペルガー症候群だと診断されてわかる場合が多いようです。
診断後は自分が周囲の人とうまくいかないことが身体的特性機能が原因であるとわかって精神的にもいいです。
自分が「ほかの人と同じようにできない」ことを悩んでいる場合が多いと思います。でも早くその原因が機能障害であることに気が付けば普段の生活のストレスが軽減されます。

「今の自分は本当の自分じゃない。本当の自分はちゃんと普通にできる!」
という思いが強いと、なかなか前に進むのが難しいかもしれません。でも失敗してしまう自分も、自分の中のひとつなのだから、やっぱり素直に現実を捉えて、きちんとした方がいいと思います。
他人と会うことを拒み、アドバイスを否定したりを繰り返し、一人で思い悩んでいても有用な情報は入ってきません。そんな場所から脱出しないと、一生今の状態から抜け出せなくなってしまいます。「そんなのもったいないです」。せっかく良いものを持っているのに、自ら自分の可能性の芽を摘んでしまっているようです。
だから!人の話しには耳を傾けるようにしましょう!結果的にそれが一番の近道です☆


みんなにこの障害のことを少しでも理解してもらえるように、ここで書きたいと思います。

アスペルガー症候群には、コミュニケーション・社会性・想像力の三つの部分に特性が現れます。現れ方は人それぞれ。アスペルガーの人の特性は、生活のなかで小さなすれ違いとして現れます。生活のなかで何に悩み、何を得意としているか、そばにいる人がよく見るようにしてください。そうしてはじめて特性が理解できます。
苦手なことを強要しても、苦しめるだけです。その人の特性にあったやり方で、“手伝う”ように丁寧に教えてあげます。そのときはそっと寄りそうように!

たぶんアスペルガー症候群の人には、二つの習慣が“安定”する秘けつだと思います。
一つは仕事をする習慣。もう一つは楽しみを持つこと!つまり、普通の人と同じです!
同じ人間だから何も特別なことではありません。

仕事ならその役割を果たすことで、自分でやるという自立性や自分でもできるという自尊心が養われます。家庭では料理や洗濯、掃除。学校では飼育係や掲示係などです。

楽しみはなんでもかまいません。アニメやカラオケ、スポーツなど何か趣味をもって、自分の時間を楽しんで過ごせるようになることがいいようです。誰にも干渉されずに自分で楽しむ時間が、気持ちに余裕を持たせ、安定することにつながります。
この二つを、家族や周囲の人からの押しつけではなく、本人の興味・関心を生かす形で習慣づけていくことが大切です。なにより本人の気持ちを尊重するようにしてくださいね!

周りに合わせることを苦手としているのが、アスペルガーの人たちの大きな悩みです。
世の中の大多数の人は、空気や人の表情をみて、自分の言動を調整します。社会常識やマナーを意識の行動ですが、アスペルガーの人には、それが理解できません。言葉に隠れた意味を読みとれない。「テレビが見えない」という一言に「だからどいてほしい」という気持ちが込められていることが、想像できません。

そのため、常識的なことでも、一つ一つ丁寧に教えてください。お手本を見せたり、絵や写真などを使って一目でわかるように指示を出すなど、またこういうときはこういうふうに言うんだよ!とか本人の様子をよくみて、どのような伝え方が理解しやすいかを考えながら教えてあげてください。ののは、アスペルガーに触れて近くで見ていて体感しました。

アスペルガー症候群の本人は、その障害を自分で把握して、障害を認識してうまく日常生活に対応していくことが、周りの人たちと上手くやるコツです!
できることと、できないこと。これを知ってるとストレスが軽減されます。
できない自分が悪いのではなく、そういうふうにしてしまうからだの特性なのだから、うまくできないのが当たり前!そういうのはできる人にまかせればいいのです。全部自分がやろうとなんかしないでOKです!
この社会には役割分担があります。毎日使う“携帯電話”だって、部品を作る人がいるし、組み立てる人がいます。売る人だって、それを使う人もいます。いろんな人が自分の役割をこなして、1つのものが手元にあるのだから、全部を自分がやろうなんて思わなくて大丈夫です。自分ができないことは他人に任せる!

では具体的にどうしたらいいか!うちの例だけど、ひとつのヒントになるかもしれないからお話しします。
「自分たちはメモを多用しました。付箋が一番重宝です!」
書いて「やることボード」に貼っておきます。そしてその用事がやり終えたら、ピって付箋をはがして捨てる!この終わった感もたまらなくて、アスペルガー症候群の人には達成感が自信となって、よい効果があるみたいです。外出先では、メモ帳+付箋を活用するといいですよ!
時間がかかって面倒のように思うかもしれませんが、1つ1つきっちりと仕事や用事が目に見えて終わるから、漠然としていた今までよりは効率的です。そして気分もスッキリと安定します。

あと苦手なものが「他人の情緒を理解すること」と前もってわかっているのだから、あらかじめ準備することができます。
何か自分に話しかけられたら、「どうすればいいの?」を自問自答で繰り返していきます。相手にストレートに聞いてもいい。相手が自分に何かを告げたにもかかわらず、そのままほっておくよりはいいです。アスペルガー症候群でない人だって、わからないときは、わかるまで聞きます。「どうすればいい?」
そうして相手の意図を確認していけば、“意思の相違”が、“意思の疎通”に変わります♪
けっこう会話がはずんで、言葉のキャッチボールは、人と会うことが楽しくなります♪♪


今日は七夕です。

僕の願いごと…

「キミの願いが叶いますように」


DCF00006_20110709005008.jpg
  1. 2011/07/07(木) 23:31:21 -
  2. 報告! -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


<<速報!FIFA女子ワールドカップドイツ2011 トロフィー!! | ホーム | アスペルガー症候群 ☆Part1>>

コメント


  コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

↓↓トラックバックURL↓↓
http://captain24.blog75.fc2.com/tb.php/1341-fd174344

”のの”だよ!通称”captain”

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。